HOME » 設備メンテナンス事業 » ピュリティ設置例

ピュリティ設置例

ピュリティ(purity)設置例

ピュリティテスト導入無償提供中ピュリティの設置は、事前の予見を経て、設置→確認(2週間後)→通常メンテナンス(1ヵ月後)→以後1ヵ月ごとのメンテナンスという流れになります。設置時間も短いため、お店の営業にも影響を与えず設置が可能です。 

 

1. ピュリティ(purity)設置(1日目)

まずはグリストラップの清掃を行い、ピュリティの設置を行います。

ピュリティ設置1 ピュリティ設置3 ピュリティ設置4
1. ピュリティ設置
前清掃開始 汚れ具合確認
2. ピュリティ施工作業1
仕切り板清掃
3. ピュリティ施工作業2
ピュリティ(油脂浄化装置)設置
ピュリティ設置5 ピュリティ設置6
4. ピュリティ施工作業3
タイマー設置
5. ピュリティ施工作業4
ピュリティ作動状況確認、水張り


 

2. ピュリティ設置翌日(2日目) 

ピュリティの動作に問題がないか確認します。 

ピュリティ設置翌日1 ピュリティ翌日設置2 ピュリティ設置翌日3
1. ピュリティ設置翌日1 2. ピュリティ設置翌日2 3. ピュリティ設置翌日3

 

3. ピュリティ動作確認(約2週間後) 

ピュリティの動作に問題がないか確認します。 

ピュリティ設置翌日1 ピュリティ翌日設置2 ピュリティ設置翌日3
1. ピュリティ動作確認1 2. ピュリティ動作確認2 3. ピュリティ動作確認3

 

4. 通常メンテナンス(1ヵ月後) 

ピュリティの動作に問題がないか確認し、1ヵ月ごとの清掃を行います。

以後、1ヵ月ごとに清掃・保守・メンテナンスを行い、常にグリストラップのクリーンな状態を保ちます。

ピュリティ設置翌日1 ピュリティ翌日設置2 ピュリティ設置翌日3
1. 通常メンテナンス1 2. 通常メンテナンス2 3. 通常メンテナンス3